永久脱毛ってあるの?

現代で永久脱毛って呼ばれるものはニードルを使って毛穴1つ1つに対して処置を行っていくニードル脱毛、または針脱毛と呼ばれる施術があります。って言ってもこのニードル脱毛なのですが、やはり永久脱毛なのですが今現在はどこも行われていませんね。

その理由と言うのも、結局のところ、脱毛サロンで行われているフラッシュ脱毛の施術だったり、レーザー脱毛の施術だったりに負けてしまうからなんです。これらの施術って永久脱毛っていう風には呼ばれていないんですが、結局永久でないにしても効果はしっかりと出るし、痛みは少ないし、肌トラブルは起こりにくいし、脱毛期間も早いっていう風に結構背景にいいことが沢山あるんですよね。

ニードル脱毛の場合はこの逆で結構いいことがありません。痛いし、期間は長くかかるし、スタッフによっては難易度の高い技術なのでミスをしてしまう、なんてことも出てきたりします。結局のところこういったことがニードル脱毛を淘汰する原因になっているんですけど、TBCとかではまだ光の脱毛と微弱電流を用いた施術を併用して行っているみたいですね。

これが良いか悪いかっていうのは実際に経験してみないと分かりませんが、一応背景としてはリスクが高い施術っていうことだけは知っておいた方がいいと思います。もし知らずに肌トラブルとかになってしまって、やっぱフラッシュ脱毛かレーザー脱毛にしておけば良かった。なんて言っても後の祭りですからね。高いお金を払ってせっかく通うんですからよく下調べをしてから通いたいですよね。

脱毛サロンの脱毛期間って一体どれぐらいかかるのでしょうか?

脱毛サロンにこれから通う・・。緊張しますよね。何がなんだか分からないだろうし、スタッフの人が不親切な人だったらどうしようだったり、痛くないとか言われているけど本当は痛かったらどうしよう、それで肌トラブルとかになってしまったらどうしよう。など沢山の不安や悩みがあると思います。その不安の中でも効果って一体どれぐらいで出るんだろう?

とかって一度は思ったことはありませんか?これに関してなのですが、この効果って人それぞれ効果が出たって思うさじ加減が違うのでなんとも言えないんですが、一般的には最初は毎週1回は脱毛の自己処理をしていたとすると、その人が脱毛サロンとかに通えば、だいたい4回あたりで月に2回~3回ぐらいに減ります。6回ぐらい通うと恐らく半分ぐらいですね。月に2回程度になって、8回~10回とか通い出すと恐らく早い人で脱毛の自己処理をする必要がなくなります。

遅い人でも月に1回は自己処理をする程度になるって感じなので、初めの段階の4分の1ぐらいになるって感じの計算です。多分12回とか通えばぼほぼムダ毛を撲滅できると思うので、後は悠々自適な肌綺麗ライフを送れるという訳です。夢がありますよね。なのですが、こうなるためにはやはりお金が必要なので、綺麗になりたいのであれば沢山稼ぐしかなさそうです。それか沢山稼いでいる人を捕まえるか笑

ハイジ二ーナ脱毛が及ぼすメリットって?

脱毛では部位ごとに最適な施術回数やプランが変わりますが、ハイジニーナ脱毛は他の部位に近い効果を目的としています。アンダーヘアの脱毛は、通常であれば毛を残すのが普通ですが、ハイジニーナ脱毛ではデリケートゾーンの毛をすべて処理することになるため、他の部位と基本的な考え方は同じだと言えます。

ハイジニーナ脱毛では毛を残す脱毛とは異なりメリットが多いという特徴がありますが、見た目の問題があるために国内ではあまり行う人は多いとは言えないのです。ハイジニーナとは衛生的という意味がある通り、毛が無くなることでデリケートゾーンを衛生的にすることが可能ですから、不快な蒸れや不衛生になってしまうことで発する臭いに関しても解消することが可能です。また自己処理によってケアしていた人の場合には黒ずみが気になる人も多いですが、ハイジニーナ脱毛を行うと自己処理の必要が無くなるため、黒ずみを解消することも可能なのです。

デリケートゾーンの脱毛ではハイジニーナ脱毛との相性が良いという特徴があるため、メリットを考慮して選ぶことが大切です。一般的にはVラインの毛を残す人が多いと言えますが、メリットを考えればハイジニーナ脱毛が優れているのです。

ワックス脱毛のメリットって何?

脱毛って誰でも今の時代はしていますよね。私自身はちょっと遅くって25歳ぐらいから横浜の脱毛サロンに通い始めたんですが、そうは言っても20代ぐらいの女の子であれば美意識も高い、結婚とかも迫ってるし笑、余計に自分磨きをしなきゃならない時期だと思うんですよね。

それで今回はワックス脱毛ってことなんですけど、ワックス脱毛って今は海外では主流になってるそうなんですけど、でもワックス脱毛ってワックスを塗ってペリって剥がすあれでしょ?そうであれば、毛流れとかを無視して毛を抜く訳だから恐らく一番肌のダメージとしては大きいんじゃないかなぁって思いました。

それで調べていくとやっぱりワックス脱毛ってダメージがでかいというか、毛穴が盛り上がてしまう原因にもなるし、やりたいって方は脱毛サロンとかクリニックとかを私はお勧めしますよね。ただ、メリットとしてはやっぱり施術時間が圧倒的に早いってことです。塗ってペリっ、終了。って感じですからね。だから時間ないけど、明日のデートとかには速攻で間に合わせたいって切羽詰まっている人にはいいんじゃないでしょうか?と言っても急いでいても私はしませんけどね。やっぱり確実にサロンやクリニックで脱毛した方が肌は綺麗になっていくし、将来的なムダ毛の量も少なくなっていくし、そっちの方がいいんじゃないかなぁって思います。

この辺はもう個人個人の価値観の問題にもなってくると思うので、やりたい人はやってもいいんじゃないかなって思います。

永久脱毛完了までに必要な時間

永久脱毛を実現するには、休止期にある毛の成長を待って複数回の施術が必要となるため長い期間が必要とされます。エステサロンとクリニックでも異なりますし部位によっても異なりますが、永久脱毛には2か月程度のサイクルで6回から18回程度の施術が行われています。

長い期間が必要になるため施術完了までには色々な環境の変化が起こってきます。その一つに妊娠がありますが、施術に関しては直接母体や胎児に影響を与えることは無い事が分かっています。しかし一般的には妊娠中の脱毛は行われていないのが現実です。施術方法や機器によっても異なりますが、脱毛では少なからず痛みを伴うためストレスや刺激によって陣痛を誘発したり、体調不良を引き起こす可能性があるのです。

妊娠中にはつわりや体調不良など人によって状態が異なるため、全ての妊婦に対して適切な対応を取ることは難しのです。永久脱毛では長い期間が必要ですから、確実に施術を完了したい場合には妊娠を避ける必要があると言えます。部位や施術方法によって必要回数や期間は異なりますが、カウンセリングではチェックを行い施術方針を決めるためある程度の施術に必要な期間は把握できますので、妊娠を避けて施術を受けることが大切です。

永久脱毛って本当に永久に続くの?

エステサロンやクリニックで行われていて、大変高い人気を誇るのが脱毛コースです。施術によっては永久脱毛をうたっているところもありますが本当に永久にすべすべ素肌が続くのでしょうか。まず、この永久脱毛と呼べるのがクリニックでのレーザー脱毛と、エステのニードル脱毛です。

この二つの処理では永久にムダ毛が生えてくることがありません。クリニックでのレーザーは医療機関ならではの強力な出力で、毛乳頭を破壊するので、少ない回数で施術を完了させることができるのが魅力です。一度の照射で広い範囲のムダ毛を処理できるので、全身脱毛も比較的楽に処理できるのです。

またエステのニードル法は針を使った手法です。針を毛根の一本一本に当てて電流を流し、抜いていくというまさに手作業の施術なのですが、電流で毛乳頭を破壊するので、再びムダ毛が生えてくることはありません。この二つの施術は永久脱毛が確実にできる手法と言えるでしょう。

一方エステで盛んに行われているフラッシュは、フラッシュの照射でムダ毛が処理できるほか、肌がスベスベに整う優れた施術です。無毛の美しい肌を仕上げることができるのですが、希に将来一本、二本とムダ毛がはえることがあります。とはいえそのキメの整った美しい素肌はほかの施術にはかえられないものです。

脱毛を自己処理でする人なんかは毛嚢炎に気をつけろ!

毛膿炎(もうのうえん)はムダ毛を処理した時に起こりやすい肌トラブルの1つです。症状としてはカミソリや毛抜きを使って自己処理をした時に肌が傷ついたり、開いた毛穴からバイ菌(主にブドウ球菌)が入ってニキビのような状態になります。
症状が軽ければ自然治癒することがあります。

また市販されている塗り薬や病院で化膿止めの飲み薬を処方してもらって治ることがありますが、症状が重くなると痛みを伴うため病院で皮膚を切開する手術を受ける必要があります。毛膿炎になってしまった場合、症状が治まるまで自己処理は中止した方がよいでしょう。

ムダ毛の自己処理は入浴時に行う人が多いですが、毛膿炎にならないためには脱毛器具を常に清潔にし、多くの人が集まる公衆浴場などで行わないようにしましょう。

そして処理後はできればお肌の消毒と保湿をしっかりと行うことで毛膿炎を回避できる可能性はあります。また脱毛であれば毛膿炎の心配はほとんどありません。稀にレーザー脱毛後に症状が出る人がいるようですが、すぐに治まるとも言われています。
心配な人は万が一の時のためにすぐに処置できる美容外科などの病院か、医療機関と提携したエステで脱毛を行うとよいでしょう。