パートに役立つ資格

パートという立場でも資格を持っていれば十分に時給に直結するケースがあります。
パートと言っても様々な仕事がありますが、事務系のパートであれば「簿記検定」などが時給に直結する資格と言われています。
簿記検定はどのような資格かというと、企業の帳簿の付け方を理解したり、帳簿に書かれている数字の意味をしっかりと把握できるだけではなく、会社の根本的な経営管理や経営分析の基礎能力があることを認定する資格を簿記検定と言います。

この簿記検定は全部で4級あり最低でも2級を取得していれば時給アップに直結すると言われています。
いくらパートと言っても重要な仕事も任されることもあるので、簿記検定の資格を取得しておいて損はありません。

簿記検定の他に取得しておきたい資格はビジネス・キャリア検定試験、医療秘書技能検定、ビジネス実務法務検定、認定医師秘書、 医療事務実務士、 公文書管理検定などの資格が時給に直結する資格と言えます。
パートに役立つ資格は多くの業種で様々な資格があるのですが、特に医療系の資格がパートでも取得できる資格がたくさんあります。

アルパイトに役立つ資格

バイトでも即戦力が求められています。
そのためバイトに即役立つ資格を持っていると、面接の際にも有利に働くと思います。
まずどういう仕事がしたいかで、役立つ資格も変わってきます。

パソコン関係の資格を持っていると、事務関係の仕事にも役立つと思います。
今の時代、ワードやエクセルの資格を持っていることはもちろんスピードも要求されます。
またあたり前から頭ひとつ抜けるには、マイクロソフトオフィススペシャリストという資格を取ることです。

スクールに通う方法もありますが、問題集で独学でも可能です。
ホームヘルパー2級は短期間で取れる資格です。
バイトに即役立つ資格ですし、今の時代は仕事先もたくさんある職種です。

また、マッサージなどの資格もバイトでも即役立つと思います。
中には、バイトをしながら資格が取れる会社もあります。
バイトに即役立つ資格は、取ったら活かすことができる仕事があるかどうかです。

資格の数は限りなくありますが、その全部がバイトなど仕事に結びつけることができるのかと言われると別の問題だと思います。
資格ありきではなく、何のバイトをしたいかを考えて取るための勉強をするのも良いと思います。